Ardublockのセットアップ

2014/11/20

ardublock-1634-3

オープンソース・ソフトウェアのブロック型プログラミング言語 Ardublock を、 MONOxIT のワークショプなどで使っているマイコンモジュール用にカスタマイズしました。

簡単に使用できるように、必要なオープンソース ソフトウェアをパッケージしています。

別途USB-TTLシリアル変換ケーブルを用意することで、Ardublockを使って簡単なプログラミングができます。

現在Windows版のみの提供です。

ダウンロード

monoxit_prog_150801.zip

MD5:f24c6db0b0bdf18346f18e74bcb7bab0

ZIPファイルに含まれるフォルダとファイルの説明

monoxit_arduino-1.5.8

ardublockを動かすのに必要なプログラムが入っています

src_and_license

ArdublockやArdublockを動かすのに使うプログラム Arduino IDEなどはオープンソースで、利用や拡張がしやすくなっています。monoxitの教材をプログラムするのに必要な修正をしたソースコードや、ライセンスの記述がこのフォルダに入っています。ライセンスと呼ばれる権利を引き継ぐためのフォルダです。

mi016_xxx.abpファイル

MONOxITのマイコンモジュール用のサンプルプログラムです。

インストール

zipファイルを「C:¥tools」などのフォルダに展開します。展開に15分以上かかる場合があります。

展開後のmonoxit_arduino-1.5.8フォルダ内のarduino.exeを実行するとArduino IDEが動きます。

プログラミング

Ardublockのプログラミング手順はこちら

CC BY-SA 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.