マイコンモジュールプログラム手順

2014/11/26

MONOxITのワークショップなどで使う、マイコンモジュールのプログラム手順です。

ステップ1

USB-TTLシリアル変換モジュールを用意します。

推奨変換モジュール

  • sparkfunの「FT232RL搭載小型USB-シリアルアダプタ 3.3Vまたは 5V」
  • スイッチサイエンスのFTDI USBシリアル変換アダプター(5V/3.3V切り替え機能付き)

スイッチサイエンス千石電商などで販売されています。

ステップ2

「USB-TTLシリアル変換モジュール」をUSBケーブルでWindowsパソコンに接続します。

※マイコンモジュールにコイン型電池などが接続されている場合は、電源をOFFにするか、電池とマイコンモジュール間の配線をぬきます。

※ 使用するアダプターによりドライバーのインストールが必要な場合があります。使用するアダプターの説明書にしたがってドライバーをインストールします。

※ パソコンがアダプタの準備をするのに数分かかる場合があります。

ステップ3

Windowsのコントロールパネルから「デバイスマネージャ」を開いて、接続したUSB-TTLシリアル変換モジュールの、COM3などのポート番号を確認してメモします。

usb-comport

ステップ4

こちらの手順で Ardublock のZIPファイルをダウンロードして展開します。

ステップ5

展開後のmonoxit_arduino-1.5.8フォルダにある、arduino.exeを実行します。

ステップ6

Arduino IDEのメニューの「ツール>ボード」でボードを選択します。

マイコンモジュールに印刷されているMIで始まる型番を確認して選択します。

型番 ボード
MI101 ATTiny1634@8MHz (Internal oscillator; BOD 2.7V; TSB)
MI16 ATTiny1634@1MHz (Internal oscillator; BOD 1.8V; TSB)

 

ardublock-1634-1

ステップ7

Arduino IDEのメニューの「ツール>ポート」から、ステップ3でメモしたポートを選択します。

ardublock-1634-port

ステップ8

Arduino IDEのメニューの「ツール>ArduBlock」を選択してArdublockを起動します。

ardublock-1634-2

ステップ9

マイコンモジュールを変換アダプタにつなぎます。

マイコンモジュールのつなげ方

変換アダプタをマイコンモジュールの6本のピンにつなげます。ピンには名前がついています。ピン・線が次の表のようになるようにつなげます。

マイコンモジュール 変換アダプタ
GND GND
GND CTS
VCC VCC
RX TX
TX RX
DTR DTR

ステップ10

ブロックでプログラムを書いて、マイコンにアップロード。

ardublock-1634-3

 

ご不明な点がございましたらお気軽にinfo@monoxit.comへご連絡ください。

CC BY-SA 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.